2017年1月9日月曜日

【青森/東京】見逃せない、新春こぎん刺し作品展!





こんにちは、kogin.netの山端です。
めずらしく、こぎんネタが豊富な1月。新しい年が始まると、自分自身もリセットされて普段は気づかなかった情報が目に入ってくるのかもしれません。書きたいことがいっぱいです(^^)昨年は個展準備などに追われてなかなかkogin blogを書けなかったので、今年は更新頑張りたいと思います!

本日は青森と東京で開催される、2017年1月の見逃せないこぎん展をご紹介!


【青森】
津軽よろず工芸展
@弘前市立博物館
開催中〜2017年1月22日(日)まで


弘前市立博物館に問い合わせたところ、こぎん刺しのメインは故・鎌田光展(カマタコウテン)氏の作品で近くに故・高橋寛子氏のモドコ見本刺しと古作こぎん着物も並びます。



生前の鎌田光展先生とkogin.netには実は深いご縁があります。僕が学生時代にこぎん刺しを学びたいと思って、はじめてお話を聞きに行ったのが大釈迦の鎌田先生のアトリエでした。冊子に鎌田先生が取材された記事を母が見つけてきてくれて、夏休みにお邪魔したのがきっかけです。

鎌田光展氏 2004年・アトリエにて

取材中、鎌田先生からお聞きした『布目があるものに刺せば、なんでもこぎんなんだよ』という言葉に勇気をいただき、別の機会に網戸メッシュに刺したこぎん刺しの試作を持参した際には「これは面白いっ」と褒めていただけたことが今の活動の根底にあります。また、kogin.netサイトを立ち上げる際には『こぎん刺しの歴史』部分の文章を読んでいただき、かなり詳しく赤字を入れていただけたおかげで完成させることができました。本当にお世話になったこぎん刺しの大先輩です。

こぎんアート、新こぎんと呼ばれる絵画表現に圧倒されます。


色糸の本数を調整して刺された繊細なグラデーション表現。

そんな鎌田光展氏の作品は一部の図録に記載されているのが確認されているだけでなかなかお目にかかれません。


こちらは今となっては伝説の稽古館、企画展図録に掲載されていました。

今回は鎌田光展氏のご遺族からお借りした作品が14点+弘前市立博物館所蔵の1点が見られるそうです。

◇◇◇

そして、民藝運動以後、青森のこぎん刺し普及のキーマンである高橋一智さん+奥様の高橋寛子さん。こちらの情報も文献や資料が少なく、なかなか知る機会が少ないのですが弘前こぎん研究所の前身である木村産業研究所時代にこぎん刺しの基礎資料作りにご尽力されたのが高橋(旧姓:小杉)寛子さんでした。
その辺のお話は「津軽こぎん(横島直道編著)」に記載されています。

その高橋寛子さんが刺されたサンプル見本刺しが10点ほど。約200点のモドコ(単位模様)が刺されているそうです。また、古作こぎん刺し着物は博物館所蔵3点、青森市教育委員会所蔵3点が展示中とのこと。


津軽の美と技一堂に 弘前市博で工芸展
 弘前市立博物館で10日、企画展「津軽よろず工芸展」が開幕した。津軽塗、こぎん、こけしを中心に、その由来や、現代に受け継がれる機能美と装飾美を、鑑賞ポイントが分かりやすい解説付きで紹介している。会期は来年1月22日まで。
【写真説明】棟方隆仁さん(右)の解説を聞きながら展示作品を鑑賞する学生たち
 http://www.mutusinpou.co.jp/news/2016/12/44316.html


うーーーー行きたい。。
こぎん好きなら、わざわざこのために東京から行っちゃおうかな?と思ってしまう貴重な展示です。幸い、今年の雪はそこまで多くないそうで…(^^)

=======================
津軽よろず工芸展
会場 :弘前市立博物館
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前公園内

開催中〜2017年1月22日(日)まで
休館日  第3月曜日(12月19日、1月16日)と年末年始(12月29日~1月3日)
○開館時間 午前9時30分~午後4時30分
○観覧料  一般     280円(210円)
      高校・大学生 140円(100円)
      小・中学生   80円 (40円)
      *( )内は20名以上の団体料金
○お問い合わせ 0172-35-0700 
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
=======================


【青森】
貴田洋子 北のまほろば〜小さなこぎんの宝物〜
@星野リゾート 界 津軽 koginラウンジ
開催中〜2017年2月26日(日)まで


そして、ご宿泊は星野リゾート 界 津軽の『津軽こぎんの間』へ!現在は3Fのkoginラウンジで青森県大鰐町出身で現代こぎん刺し作家・貴田洋子さんの特別企画展を開催しています。このスペースはkogin.net監修で季節ごとに津軽にゆかりある作家さんに展示していただいています。

近年、貴田さんの作品は1mを超える大作が多いですが、今回は初期の小さめの作品をお借りして企画展を組んでみました。


遊び心のある色使いや大胆な模様使い、チャーミングな作品タイトルなど見どころがいっぱいの小さな作品たち30点ほど揃いました。


展示作品と代表作を掲載した限定販売の作品集も好評です。kogin.netが撮影とデザインを担当させていただきました。展示作品と代表作、経歴も掲載されています。





こちらは宿泊者限定の特別企画展なので、ぜひ宿泊予約をしてご覧ください。次回3月からは津軽出身のハルコギ・岩咲晴美さん(http://ameblo.jp/harucoon/)の作品が登場予定です。
=======================
【宿泊者限定】
星野リゾート 界 津軽 koginラウンジ特別企画展
貴田洋子 北のまほろば〜小さなこぎんの宝物〜
開催中〜2017年2月26日(日)まで

会場:星野リゾート 界 津軽
http://kai-ryokan.jp/tsugaru/
〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
Google maps
界予約センター(9:00~20:00)
0570-073-011
海外からのお問い合わせ +81-50-3786-1144
=======================

【東京】
KAWAII♡展~カワイイは作れる~
@アミューズミュージアム 2F
2017年1月11日(水)~15(日)


青森は遠いよ、、というみなさん、ご安心ください!東京でもこぎん刺しが見られます。先日のこぎんワールド展で知り合ったepadadaさんがアミューズミュージアムのグループ展に参加されます。僕と同じグラフィックデザイナーで手芸男子ということで、アイデアが光る素敵なこぎん刺し作品を作られています。

epadadaさん→ instagram / Facebook


Facebookページより)

14、15日はepadadaさんご本人もいらっしゃるようなので遊びに行きたいと思います(^^)
=======================
KAWAII♡展~カワイイは作れる~
アミューズミュージアム 2F手仕事のギャラリー&マーケット
2017年1月11日(水)~15(日)
10時~18時まで
※最終日は16時まで
※epadadaさんは14日(土)、15日(日)は終日在廊予定とのこと。
http://www.amusemuseum.com/blog/2017/01/kawaii.shtml

アミューズミュージアム 2F手仕事のギャラリー&マーケット
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号
ホームページ:http://www.amusemuseum.com
=======================



その他にも、直接こぎんではありませんがデザインの参考としてもおすすめ展覧会が盛りだくさん!

マリメッコ展
デザイン・ファブリック・ライフスタイル

2016年12月17日[土]―2017年2月12日[日]
Bunkamura ザ・ミュージアム


GROOVISIONS 5×27

2017年1月6日[金]―1月15日[日]




中村至男展


2017年1月13日[金]―2月16日[木]
クリエイションギャラリーG8


アート+コム/ライゾマティクスリサーチ
光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」


2017年1月13日[金]―3月26日[日]
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]  ギャラリーA


「味のカタチ」展(仮称)


2017年1月17日[2日12日[
奈良をテーマにした複合施設「ときのもり」
住所:東京都港区白金台5-17-10




吉岡徳仁
スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線


2017年1月14日[土]―3月20日[月]
資生堂ギャラリー


花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼

2017年2月11日[土・祝]―4月9日[日]
世田谷美術館

寒いですが、あたたかい格好をしておでかけしましょう(^^)

2017年1月4日水曜日

【謹賀新年 2017】全国から届いたこぎん年賀状!





あけましておめでとうございます!
旧年も大変お世話になり、ありがとうございました。

今年は暖かいお正月だった気がしますが、2017年の年始め、いかがお過ごしでしょうか?僕の方はこのお正月、いつもお世話になっている方や、いただいた年賀状、昨年名刺交換させていただいた皆様を思い出し、あらためて沢山の出会いをいただけたと感謝しております。法人設立から1年目を無事に迎えられたのも、人から人を紹介していただけたことが一番です!ネットやSNSでの情報発信が自分のいないところで営業マンをしてくれている感じで、そこで友人が勧めてくれてつながって…という人のつながりがポイントだと実感します。インターネットがこれだけ浸透してドライなものになるのかと思いきや、人のつながりの強さ、アナログの人間関係だからこその信頼を改めて実感、という逆転現象のようなところも現代の面白いところですね。

さて、本日は新年の密かな楽しみ、こぎん作家さんからの年賀状をご紹介!毎年、こぎん刺しが入った年賀状をいただくことが多く、いつもワクワクしております(^^)特に作家名は出しませんが、皆さん第一線でご活躍されている方々!こぎん愛のおすそ分けです〜(^^)

晴れやかな黄色で爽やかな新年のこぎん刺し!


毎年、柄と色が変わるのでシリーズとして楽しみにしています!


酉年にちなんで『酉』のこぎん刺し!


シックに仕上げていて、大人なこぎん刺しですね。



ポストカードとして販売して欲しいこぎん作品!


作品名:断層(2016)。カッコイイ!


藍のムラ染めも美しい、こぎん刺しの掛け軸!


『夢』という文字も新年にふさわしいですね。



手の込んだこぎん刺しの大作が2点も!


着物の方はかなり複雑に模様が切り替わっています。時間かかりそう…

 ハートのアレンジがかわいいこぎん刺し!

Love Kogin こぎん愛が伝わります。


 こぎんクマが新年のご挨拶!

こぎんベアもこぎん刺しの分量が絶妙でいつも惚れ惚れしています。




そして、kogin.netの年賀状もついでにご紹介!

今年の年賀状のテーマは『大入』


大人になるとお年玉はもらえないので、お年玉が届くワクワク感をぽち袋に託してデザインしてみました。中央にいるのは妻が描いてくれた弊社のキャラクター「イエティくん 鏡餅バージョン」です(^^)http://ietyworld.com/

そして、こちらは圧着はがきになっているので、ひらく楽しみも!


中面にはデザインや監修でお仕事させていただいた実績やこぎんワールド展の写真などをご紹介しています。そうそう、こぎんワールド展のサイトにも展示風景など追加しておりますので、よければご覧ください!
こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜
http://kogin.net/world/



近所の多摩川の夕暮れ。
本年も皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。

kogin.net 山端 家昌

2016年12月29日木曜日

【日東紅茶×kogin】体にやさしい青森土産、あおもりカシスミルクティー!




もうすぐ2016年も幕を閉じ、新しい年を迎えようとしています。今年もこぎん尽くしな一年でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。年末年始は家族や親戚が揃ったり、地元の集まりがあったり、一年頑張った自分や家族にご褒美として旅行される方も多いかと思います。本日はそんな年末年始の帰省のお土産にもぴったり『あおもりカシスミルクティー』のご紹介です。後半には販売店リストも掲載しておりますので、お近くで見かけた際はぜひお試しください(^^)

日東紅茶で有名な三井農林株式会社さんと青森市あおもりカシスの会さんからお声がけいただき、パッケージデザイン監修をさせていただきました。カシスカラーの古作こぎん刺しが入ったパッケージは青森らしさを感じる逸品です!

あおもりカシスは1粒ずつ手摘みで収穫されています。 青森の自然に育まれた「あおもりカシス」。 果実をまるごと微粉砕したカシスの美味しさをミルクティーに仕立てました。 甘酸っぱく濃厚な味わいは、飲む「ティースイーツ」。 デザート感覚でお楽しみください。
http://amzn.to/2hOsE4M
実際に飲んでみると、めっちゃ美味しい!ちょっと甘いものが欲しい時にピッタリ◎カシスの果実感とミルクティーの濃厚さが絶妙でハマります。お湯を注ぐだけで簡単なのに、贅沢な気分を味わえる一杯です(^^)

それでは『あおもりカシスミルクティー』の魅力をご紹介!

伝統のこぎん刺し模様を身近に感じるパッケージ!


カシス色のこぎん刺し部分は、キラキラと光るスペシャルパッケージ!こちらのこぎん刺しは先日のこぎんワールド展でお借りした石田昭子さんのこぎん刺し着物を撮影させていただきました。


お湯を注ぐだけ!おすそわけにも便利な個包装

お湯を注ぐだけですぐに楽しめるミルクティー粉末に微粉砕した本物のカシスを使用しているのでお手軽♪個包装にもこぎん柄がバッチリ入っているので、結婚式などのプチギフトとしてもオススメです。



実は青森県はカシスの国内生産量No.1


あおもりカシスは生産量日本一、その量はなんと国産カシスの80%。青森の冷涼な気候がカシスの栽培に適していて、ドイツから苗木を取り寄せたのが始まりとのこと。GIという農林水産省の地理的表示保護制度を取れているというのも強みです。
※登録番号 第1号 あおもりカシス - 地理的表示保護制度(GI)



予防医学として注目されるカシス


厳しい環境下で育つカシスはヨーロッパでは古来から民間薬として使用されてきた歴史があります。ポリフェノール、アントシアニンやビタミンA、Cを豊富に含み「眼のケア」や肌の老化への抗酸化力によるアンチエイジング効果も。嬉しい効能がいっぱいの新しい青森の特産品です◎
  • 緑内障の進行を抑制に効果を発揮
  • 眼精疲労
  • 目元のクマ対策
  • 血流改善(肩こりや冷え性に)
  • インフルエンザ予防
  • 筋肉疲労の軽減/筋肉回復を促進
※一般社団法人 日本カシス協会(Webサイトより抜粋)



職場みやげにも。賞味期限長めが嬉しい!

おみやげの賞味期限って結構重要ですよね。受け取る側としては常温保存+賞味期限が長いのはいつでも楽しめて助かります(^^)箱の中には一杯分の個包装が8つ入り、それぞれ個包装に賞味期限が記載されているので職場などで配るのにもちょうどいい!



あおもりカシスミルクティー販売店リスト 
※2016年12月現在の情報です。

《青森県》
青森県内のユニバース 各店
青森県内のカブセンター・ベニーマート・メガドラック 各店
マエダストア 各店
さくら野百貨店 (青森/八戸)
中三デパート (青森/弘前)
北野エース 青森エルム店
あおもり北彩館 (JR新青森駅店/アスパム店/三内丸山遺跡)
ぐるっと遊(青い森鉄道 青森駅内)
あおもり路・ラビナ内売店(青森駅ビル)
青森ふるさとショップ アイモリー(青森駅前 ねぶたの家 ワ・ラッセ内
A-FACTORY(青森駅 青函連絡船)
アスパム物産空港店(青森空港売店)
道の駅(いかりがせき/ひろさきサンフェスタ/いなかだて等12店舗)
青森市役所売店
青森県庁売店
浅虫水族館

《宮城県》
《全国》
北野エース ながの東急百貨店BF店(長野県)
北野エース さっぽろ東急店(北海道・札幌)
青森・岩手えぇもんショップ(大阪・堂島)

◎いま話題の「ふるさと納税」の返礼品にも採用されました!

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]
 青森県青森市 - A80【あおもりカシスミルクティー】




《Amazon》
そして、全国どこでもお取り寄せ可能なAmazonでも販売中です!
1箱から10箱まで、箱数が多くなるほどお得に購入できます。
http://amzn.to/2hOsE4M


生活の中で古作こぎん模様を身近に感じながら、お子様からご年配まで幅広い年代に喜ばれる青森ならではのギフト。ぜひ様々な場面で『あおもりカシスミルクティー』をご利用いただければと思います(^^)