投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

こぎんワークショップ無事終了! ありがとうございました!

イメージ
2ヶ月ほど細々と準備していたこぎん刺しワークショップ『津軽こぎん刺しの美にふれる』が6月25日に開催され、おかげさまで無事に終了しました。


上の写真は生徒さんの作品です。
こんな素敵なカードケースができるまでの道のりを紹介したいと思います。


記録用として、たくさん写真を撮ってもらったので
今回は写真多めでアップします!





民藝館到着!
当日は学芸員さんのご厚意で特別に東こぎん、西こぎん、三縞こぎんを並べていただき、実物を見ながら模様の違いをレクチャーできました。学芸員さんが軽く手にしていた『民藝』は柳宗悦がはじめてこぎん刺しを世の中に紹介した超レア書物!博物館級の資料にドキドキしながら、こっそり見させてもらいました。






模様作りや種類の説明。






初心者の方が多いかと思い、刺し順の説明シートも作りました。





ざっくりした網に毛糸で刺して実演中。





今回のワークショップのために用意したカードケースキット。







刺す模様や、刺す糸を選んでいるところです。





今回はこぎん糸の色数が豊富なオリムパス製絲株式会社さんにもご協力いただいております。HPからも注文できますので、どうぞお気軽に◎






実際に刺しはじめます。





持参したこぎんBOOKS。





糸継ぎ実演中。





初心者の方も驚くほどスムーズに刺されていました。 みなさん、黙々と刺しています。



午後からは雨の予報でしたが、雨にも降られず
途中からは日も差して穏やかな午後でした。



単位模様も色が変わるだけでも、違った印象に。




今回用にオリジナルで作った図案にも挑戦してくれてます。




こんな短時間で力作が!





刺し上がったカードケース、その1。



その2。



その3。






その4。市松模様も洒落ていますね。





そろそろ仕上げです。





ほんの一部ですが、生徒さんの作品です。こちらからは極力、模様の入れ方のアドバイスせず図案のみお渡ししたのですが、見事に2色使いのカードケースをアレンジしてくれています。初心者の方が半数以上とは思えない仕上がりでした。

今回のワークショップで説明の仕方や、至らない部分、段取りなど多くのことを学ばさせていただきました。ただ、帰りに楽しかったですと声をかけていただいたり、ワークショップが終わっても質問やお話ができて嬉しかったです。実際に刺してもらうことで、こぎん刺しの魅力はさらに伝わるということが実証できたので、今後も邁進していきたいと思います!

ちなみに…

【こぎんワークショップ】布色が決まりました!

イメージ
こんにちは。
6月25日開催のこぎんワークショップですが、おかげさまで定員に達したそうです。
各方面で宣伝していただいたおかげかと思います。ありがとうございます。

まだ、ゆとり分の若干名の席はあるそうですが、会場の都合で抽選になることもあります。ご希望の方は6/8(水)まで受付中ですので下記よりお願いします。手芸といっても、こぎん刺しはカッコよくも仕上げられますので男性の方も大歓迎です!


【こぎんワークショップ詳細ページ】
『津軽こぎん刺しの美にふれる』
http://kogin.net/workshop.html


さて、ワークショップで実際に刺していただくカードケースのデザインが決まりました!
(上の写真:仕上げ前の途中段階です。)
今回のデザインのポイントは…

初心者でも刺しやすい生地 老若男女問わず使えるシンプルさ こぎんを刺せる部分を多く 

を意識しています。2色使いにすることで、刺せる色のバリエーションも増えますし、リボンのみにびっしり刺すのも洒落ているかなと思います。総刺しは手間がかかりすぎて…という方はワンポイントこぎんでも引き立ちます。
写真では色味が分かりづらいかもしれませんが、
◎紺生地にベージュリボン




◎赤生地にベージュリボン




◎ベージュ生地に紺リボン




◎ベージュ生地に赤リボン





の4パターンの組み合わせです。当選された方へはお色を選んでいただく連絡が担当者より届きますのでどうぞお楽しみに。刺す模様も伝統的なものから、オリジナルのものまで多数用意しています。
◇◇◇

正直、『こぎん刺し』という青森のマイナーな手芸ワークショップで応募が集まるのか不安でしたが、早い段階からたくさんの方にご応募いただいていて、嬉しい驚きです。

kogin.netはこぎん刺しの魅力を多くの方に知ってもらうための活動です。
こぎん刺しをやってみたいという方がいるのであれば、どんどん推進していきたいです。

今回来られない方は、また次回どこかで開催しますので、時々このブログをチェックしていただければと思います。