投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

第8回古作こぎん研究会と今後の予定!

イメージ
暑いですね。。。
青森の方は少し涼しいそうですが、東京のコンクリートジャングルにいると逃避したくなります…(笑)最近は、雑誌や新聞の取材依頼を何件かいただいております。こぎん刺しが流行ってきているんですかね?どうにか、全国的に認知度をあげて津軽こぎん刺し模様の魅力に気づいてもらいたいもんです!


さて、去る7月15日は初の遠征も兼ねた古作こぎん研究会でした。
まずは、はじめてのこぎん刺しこぎん刺しの小ものたちなどの著者として、また各地のこぎん教室で教えてらっしゃるこぎん界の大先輩・鎌田久子さんが久々に開催した個展を訪ねました。




室内は撮影禁止でしたので、お見せできないのが残念ですが説明ボードから始まり古作こぎん刺し着物も展示されていました。タペストリーなどは実際に手に触れて裏まで見ることも◎裏で展示しても分からないくらい美しい糸処理(マニアックですが^^;)研究会のみなさんも質問や握手の嵐で大興奮でした!
さすが、というか何というか、もう、堂々たる作品の数々で、僕がやっているkoginをこぎん刺しと呼んでいいのか…と迷うほどの大作揃い!!最後に鎌田さんから『あなたのやっていることは私にはできないアート表現なんだから、がんばりなさい!』と励ましていただき、記念撮影までさせてもらいました!この言葉と写真は胸に焼き付け、一生もんの宝にします!!

ここで嬉しいニュース!秋ぐらいに、鎌田久子さんの新刊が出るそうですよ!情報が入り次第、またお知らせします◎これまでは載せていなかった技法も載るかもと…楽しみですね!




そして、お昼をはさんで古作こぎん研究会へ。



研究会から参加の方も合流し、これまでで最高の10名での研究会でした!初2ケタ!今回も和室です。


恒例の写真deご報告!!


前回刺してあったピンクのケーキ図案がバッグに!これはインパクトありますね〜
浴衣にも合いそうな涼しげバッグにもこぎんが刺してありますね◎




斬新な模様を発見!




こぎんのくるみボタンをファッションに取り入れている方も!




初めて作ったこぎん刺しだそうです。色まで変えてあって、おしゃれですね〜




総刺しのポーチ。手のひらにおさまる形があいらしいです。




マットもこぎん!




試作品も並んで、勢揃いです!





今回は写真撮影の取材も入りました!バッグもカメラ!




刺しているチーム!




こちらは菱刺しの模様ですね!




オリジナルで模様を…

第7回古作こぎん研究会とモドコについて。

イメージ
こんばんは、山端です。 おかげさまで弘前kogin展以降、koginデザインのお仕事をいただいたり忙しくしております。いろいろとお待たせしちゃっていこともありますが、アイデアを考えながら順番に制作を進めていますので、今しばらくお待ちくださいませ〜!
さて、先月の第7回古作こぎん研究会もたくさんのこぎん作品が集まり、関東でのこぎん布のセール情報や糸が買えるお店情報なども飛び出したり新たな発見のある会になりました。なんだか研究会報告ブログとなりつつありますが、、、いきます!

恒例(?)の写真deご報告です!!



茶色にシャンパンゴールドで刺してあるこの模様…



実は、kogin cake 2 の進化形バージョーン!
ワインボトル入れだそうです!なんとCHANELのリボン付き!



総刺しのバッグ!!これは圧巻です〜



こぎんのキットを作られた方も!



古作こぎん研究会でもマカロン、流行っています〜 これ、ファスナーを開けると500円玉が2枚はいる優れものです!





ちなみに右側がこのクルミボタンを作るための布、 けっこう大きいんですね!



こぎんくま!かわいいですね〜


こちらはグラフィカルなこぎんくま。 伝統模様を上手に使って、手と足の部分も模様が変わっています。 芸が細かいです〜!!これは男でも欲しい。。。





いっぱい入りそうなバッグにも、こぎん模様のアクセントが効いていますね〜



ピンクが女性らしい印象です!




総刺しでも、こういったアレンジでオシャレになりますね〜


右はリストバンドです。



細かい柄ですね〜




これまでの成果でもある古作こぎん模様もこんなに集まりました〜


そうそう先日、twitterでお世話になっている方から 「模様の名前がかぶっていたり違っているのはなぜ?」とご質問いただきました。 僕なり見解をお答えしました。 僕も調べていくうちに模様の名前がかぶっていたり違っていたりで混乱した時期があります。最終的には、それはこぎん刺しが口で伝えられた文化だからだと分かりました。
方眼紙も無く、文字も書けない方が多い時代、親から子へ手で刺すことで模様を受け継いでいきました。目の数を数えながら、小さいモドコから大きいモドコ、そして総刺しへ成長に合わせて刺していました。そんな時代に全員一緒の教科書なんてありませんから地方によって、また教える人によって『○○に似ている…』と見立てをして口承されていったんだと思います。今に伝…