投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

【12/22開催】古作こぎんクリスマス会のお知らせ!

イメージ
こんばんは、山端です。
今週日曜日は、年に一度の古作こぎんクリスマス会!すでにプレゼント交換のこぎん作品を用意している方や、久々に参加します!という方からもご連絡いただいております!こぎん好きのクリスマス会で賑やかになりそうです☆

トップ画像は皆さまのおかげでkogin.netのfacebookページが400いいね!達成できたので、お礼の気持ちで作ったクリスマス仕様のTHANKS画像です(^^)たくさんのいいね!ありがとうございます!https://www.facebook.com/kogin.net


まずは、11月の第20回古作こぎん研究会のご報告から!前回もたくさんのこぎん作品が集まりました(^^)


りんご柄こぎん!茎や葉っぱも手が込んでいます。



こぎんのビスコーニュ!これがたった2枚の布で出来る構造に驚きました(@o@)


山端の過去作品『kogin立体折り紙』からアイデアを思いついたという、立体のこぎんポーチ!

ラインで色が変わって行くのもオシャレですよね。


抜きキャンバスでこぎんのシャツを試作中の方も!


岩木山をテーマにした、関さんのオリジナルこぎんデザイン!
半分だけ刺すというアイデア、斬新でクールです◎


カラフルなかわいい糸!



みんなの作品を並べるとこんなに盛りだくさんに!


シャッターチャンスです(^^)


ポイント模様がかわいいシーツ。



シンプルなのれんも!


刺し子作家の木内しおりさん(左)こぎん作家の岩咲晴美さん(右)も参加されました!



木内さんの作品たち。http://ameblo.jp/sashiko-a-g/


岩咲さんの作品たち。http://ameblo.jp/harucoon/

岩咲さんは「こぎんマフラー」も愛用していただいております!


今回もたくさんの差し入れが!ごちそうさまでした。



初の男性の参加者も!こぎん男子ブーム、来たる!!?


こぎん刺し体験していただき無事に完成!



ベテランの皆さんは、図案の整理のお手伝い。


今月の開催は今週日曜日(22日)となります!前回大好評だった、南部菱刺しの文献も忘れずに持って行きます◎

====================================================
【企画その1】こぎんプレゼント交換☆
手作りのこぎん作品や、こぎんの材料、こぎん本などプレゼントを持ち寄って交換…

DMC×koginキット 5つのこだわりポイント!

イメージ
こんばんは、kogin.netの山端です。今年の冬は、ありがたい事にいろんなプロジェクトに声をかけていただき、てんやわんやです(^^;)どれもビッグなプロジェクトなので、体調には気をつけて迷惑をかけないようがんばります!


先日、「大人のこぎんキット」としてご紹介したDMCとのコラボキットのお申し込みが今月27日(金)までと迫って参りました!クリスマスや年末年始から始める「大人のこぎん刺し」。ご自分用、プレゼント用としてもお愉しみいただければと思いますので、本キットのこだわりポイントをまとめておきます!


1. Diamantを一本取りで刺せる貴重な素材!

最初っからマニアックなメリットです(笑)「DMC Diamant(ディアマント)」の良さは何度もこのブログでお勧めしていますが、繊細な糸なのでこぎん用の布だと糸に対して目が粗くてどうしてもしっくり来ないんです。

その点、こちらのキットの布はスペイン製の上質素材で目も細かいのでDiamant一本取りでちょうどいい布目なのです。少し張りもあって刺しやすいのもメリットですね。昨年からDiamantに合う布を結構探しているのですが、今のところ僕の中では相性No.1な布です。





2. キットは仕立ての必要ナシ!

こちらのキット、それぞれのセットに完成したエプロントートバッグ鍋つかみが入っているのでこぎんを刺すだけで完成するというのも魅力です。

従来のこぎんキットは刺した後に仕立てる手間があり、ミシンやまつり縫いなど仕立てに時間がかかっていました。これまでkogin.netで作ってきたキットも刺すだけで完成できるよう工夫してきましたが、仕立ての手間がを省略する事でこぎん刺しのハードルが少しでも下がれば思います(^^)




3. ありそうでなかった中級者向けこぎんキット!


初心者向けの簡単なこぎんキットや、上級者向けの仕立てが必要なこぎんキットはありましたが、その中間の中級者向けこぎんキットは、意外にもありそうで無かったんです。
初心者の方が、コースターやくるみボタンでこぎんデビューをした後、何にチャレンジしよう?という声は以前から古作こぎん研究会で聞いていたので、それならデビュー後の次に取りかかるのにぴったりなボリュームに、と考えてデザインしました!ワンポイントなデザインですが、古作こぎん着物のように布目が細かいので刺した達成感は格…