【フェリシモ×kogin】東北から笑顔とこぎんブックカバー!



こんばんは、kogin.netの山端です。
初秋らしい涼しい日が増えてきましたね〜!1ヶ月前とはうって変わって過ごしやすい日々です。
本日は復興支援『こぎん刺しブックカバー』のご紹介です。以前、当ブログでもご紹介させていただきましたが、フェリシモ×仙台の被災されたお母さん×kogin.netデザインのコラボで実現した「東北 花咲かお母さんプロジェクト』。その実物が届きましたので写真付きで詳しくご紹介していきます!


「東北 花咲かお母さんプロジェクト』は被災地の方に内職仕事をしてもらい内職収入を得て、全国の商品を買いたい方と被災地のお母さんをつなぐ復興支援プロジェクトです。内職の他に、制作者のお母さんからメッセージが届いたり、基金を募って被災地に商品購入者と共に花を植える活動もしているので『東北 花咲かお母さん』なんです。



そして、出来上がったのがこちら〜!
こぎん図案は、このプロジェクトのためにkogin.netオリジナルで制作しました。飽きのこないシンプルさと、アクセントの色づかいに注目☆それぞれ『koginしずく』『kogin十字星』など遊び心のある名前もついています。詳しくは商品ページで!

きれいな針目です。丁寧に作ってくれていることがわかります。

文庫本にぴったりなサイズ。文庫サイズの手帳にも良さそう(^^)

『手仕事の日本』柳宗悦の文庫本を入れてみたところ。話がそれますが、この本も素晴らしいですよ!日本全国、民藝の旅に出たような気分になります。もちろん開いているのは、こぎん刺し紹介ページ!


内側は、リボンで止める式なので、厚みがある本でも大丈夫です。しおりの革紐もおしゃれ!

フェリシモさんのメルマガでもプッシュしていただいております!!kogin blogのご紹介までしていただき、ありがとうございます!(^^)
★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━ 読書の秋、東北の花咲かお母さんがていねいにこぎん刺しをしたブックカバー お気に入りの文庫本をやさしく包んでみませんか?★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
花咲かお母さんシリーズの人気アイテム「花咲かお母さんが作ったこぎん刺しのブックカバーの会」は文系女子の必携アイテム。津軽の伝統工芸でもあるこぎん刺しの図案は、こぎん刺しデザイナー「kogin.netさんによるおしゃれなアレンジです。

▼ぬくもりある和風にも、上品な北欧風にも見えるブックカバーはこちらhttp://www.felissimo.co.jp/s/topics20140916/2/

▼こぎん刺しの美しさや楽しさがどこまでも広がるkogin.netさんのブログhttp://www.felissimo.co.jp/s/topics20140916/3/


なかなか見られない、作業風景もご紹介!
おしゃべりをしながら、せっせとこぎん刺ししてくれています。


楽しそうに作ってくれているのが分かりますね!
こちらで、花咲かお母さんのインタビューも読めます。
東北マニュファクチュール・ストーリー
東北 花咲かお母さんの手仕事
宮城県仙台市荒浜・蒲生地区

このブックカバーには、もうひとつお楽しみがあります。
それは、この小さなカード。
よく野菜で生産者の顔が印刷されて売っていますが、「このこぎん刺しブックカバーを作ったのは私です」と分かるようなメッセージカードが入っているんです!

こんな感じで、花咲かお母さんからメッセージが届きます。右側は購入者が感想やメッセージを記入して返信できるようになっています。

その返信メッセージを読むのが、被災地のお母さん方の楽しみのひとつとなっています。

こぎん刺しや針仕事って、なんだか心が穏やかになりますよね。黙々と作業していると悩みを忘れたり、気分をリセットできたり。被災地のお母さん方がこうやって針仕事を楽しみながら仕事にできるプロジェクトが、特別な物ではなく普通になっていけばいいなと思います。

見てください、花咲かお母さん達のこの笑顔(^^)


このプロジェクトを応援してくださる方はこちらからお求めください!男女問わず使えるデザインなので、知的なあの人へギフトとしてお裾分けしても喜ばれること間違いなし!(^^)

東北 花咲かお母さんが作った
こぎん刺しのブックカバーの会(6回限定コレクション)

お申し込み番号:605089

Webショッピングの他、電話でも受け付けています。
お電話 〈お申し込み専用〉
固定電話 : 0120-924-211(通話料無料)
携帯電話 : 0570-024-211(通話料お客さま負担)
平日/9~21時 土曜/9~17時(時間外と日祝は音声案内)


申し込みをすると毎月1回、こぎん刺しブックカバーが届きます。
6ヶ月で全種類が揃う仕組みです◎ どの柄が届くかは、お楽しみに(^^)
ちなみに、こんなかわいい箱で届きます!毎月、柄が変わるそうです◎


フェリシモ企業スローガン
 
kogin.netは、この考え方に共感し応援していきたいと思います。

東北の手仕事で、読書の秋を楽しんでみてください(^^)

コメント

このブログの人気の投稿

【フェリシモ×kogin】縫製済み!こぎん刺しキット新発売のお知らせ!

【ベルメゾン】レベルアップ!こぎん刺しキットが出来ました!

【第2期】こぎん刺しの楽しい小物づくり講座、始まります!

弘前こぎんマップ!

【星野リゾート】界 津軽「津軽こぎんの間」

前田セツ著『津軽こぎん刺し』復刻のチャンス!

伝統のモドコで遊ぼう♪ 75種類のこぎん刺しアレンジ完成!

【DMC×koginコラボ】大人のこぎんキット、誕生。

作家活動10周年。この春、こぎんの先生はじめます!

NHKイッピン「針と糸が作る ひし形の宇宙~青森 こぎん刺し~」