投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

【こぎん・菱刺し好き必見】「田中忠三郎が伝える精神」展はもう観に行った??

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
事務所の移転やら新生活やらで新年早々からバタバタしておりましたが、荷物もだいぶ押し込んで(笑)やっと通常の生活に戻りつつあります(^^)月末となってしまいましたが…kogin blogは2015年初の更新!本年も宜しくお願い致します!

本日は昨年から開催している『繋ぐ術 田中忠三郎が伝える精神 ~東北の民俗衣コレクションと現代美術~』のご紹介です。

会場は十和田市現代美術館。設計は建築デザイン界で知らない人はいないSANAAの西沢立衛さん。あの金沢21世紀美術館も設計されている著名な方です。


十和田市現代美術館は常設展でもインパクト大な展示が観られ、先月は壁面を利用した「こぎん模様プロジェクションマッピング」なんかもされていたカッコイイ美術館。

投稿 by kogin.net.
こちらの企画展として開催されているのが『繋ぐ術 田中忠三郎が伝える精神 ~東北の民俗衣コレクションと現代美術~』です。 先日、招待券をいただき新幹線でお邪魔してきたので、こぎん好き代表として撮影可能スペースの写真とともにご紹介します!これから行かれる方は、ネタバレになりますのでご了承くださいませ〜(^^;
田中忠三郎コレクションに、何度励まされたことか。お会いできた日のこと、今も鮮明に脳裏に焼き付いています。十和田市現代美術館で先人たちの津軽こぎん刺し、南部菱刺しを見に行ってきます!http://t.co/Pbfl8IKjBSpic.twitter.com/pAa3dl1cck
— 山端家昌 (@kogin_net) 2014, 11月 22

広い展示スペースにこぎん刺しや南部菱刺し、刺し子、現代アート作品が整然と並んでいます。こぎん好きならカメラを片手に1時間以上は余裕で滞在できる空間です(^^)こちらのスペースのみ撮影可能でした。

津軽こぎん刺し==================== まずは、ずらっと並ぶ古作こぎん刺し着物達。国の重要有形民俗文化財にも指定されている貴重な着物です。


何重にも刺された古作こぎん刺し着物も間近で見られます。


西こぎん、

東こぎん、
 三縞こぎん。
こぎん刺し3種類がまとめて観られるのもなかなか無い機会です。

ショーケースに入った展示では無いので、布端の処理や竹の節模様もじっくり観察。
 こんな縦長のこぎん刺しも発…