投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

【4/10まで】こぎん刺しやBOROの重要文化財100点以上、神戸に大集結!!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
寒さも和らぎ、お出かけの楽しい季節になってきました。こんな季節にぴったり、本日は神戸ファッション美術館にて4/10まで開催されている展覧会のご紹介です。本展は浅草にあるアミューズミュージアムが監修し、kogin.netもデザインなどでお手伝いしています。国指定重要有形民俗文化財の津軽こぎん刺しや南部菱刺し、BOROが100点以上観られる関西では貴重な機会ですので、是非足を運んでいたければと思います!
BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション
@神戸ファッション美術館 2016年1月23日(土)~4月10日(日) http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special/boro



BOROとは?古より世界各地の人々は、限られた手元のわずかな端切れを繋ぎ、重ねて作った衣服や布類を、世代を越えて大切に用いてきました。それは日本では襤褸(ぼろ)と呼ばれ、藍染麻布の幾重ものツギハギなどは、極限のダイナミックな美のひとつとして広く知られてきました。近年ではBORO(ぼろ)として世界でも通ずる言葉となり、パリなどのハイファッション界でも注目を集めています。
kogin.netでは、本展の展示作品ご紹介やkoginアイテムの販売、ご来場記念品のデザインでお手伝いしております。
ご来場記念品は上下左右対称で作られるこぎん刺し模様の特徴をグラフィックとして楽しめるポストカードをデザインさせていただきました。受け取った鑑賞者が折り、斜めから見ることで鏡面の映り込みを利用した模様が完成する参加型のポストカードです。会場で受け取られた方は、折り線で折ってお楽しみください!
============================================== ※館内の写真は全て許可を得て撮影・掲載しております。 ============================================== 会場内は撮影不可ですが関係者ということで、会場の雰囲気をお伝えするべく写真掲載の許可を頂けました。実際に見ていただくのが一番ですが、まずは写真でお楽しみください!
BOROの美学展:会場内の展示風景





神戸ファッション美術館というだけあって、ファッションとしてこぎん刺しや刺し子の農作業着、BOROにインスピレーショ…

【Né-net×kogin】ネ・ネットのムック本でこぎん刺しコラボ!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
春一番が吹き、春に向かって暖かい日も増えてきました。去年の今頃はこぎん刺し教室が始まるということであたふたしていた気がしますが、今では20名ほどの生徒さんたちが通ってくれています。刺すスピードも速くなり皆さん着実にレベルアップしていてこちらが嬉しくなっちゃいます。月に1回のペースで開講しておりますが第二日曜はおかげさまで満席のため、4月からは第四土曜の講座を新設します。ご興味ある方は下記ページをご覧ください(^^)
《新百合ケ丘産経学園》こぎん刺しの楽しい小物づくり

さて、本日はユーモアあるデザインが大人気のブランド『ネ・ネット』さんとのコラボレーションをご紹介します!全国にショップ展開されているブランドさんです。


毎回人気というネ・ネットさんのムック本。
★Zipper×nina’s 特別編集 SHODENSHA MOOK 「ネ・ネット 2016 Spring/Summer Collection」
2016 S/S コレクションテーマは「PASTORAL 羊飼いがみた夢…」
今回は第10弾ということで、羊にちなんだ手作りページ《羊飼いの休日・手づくりの時間》こぎん刺し企画のお手伝いをさせていただきました。
こちらの素敵なコーディネートで持っていただいてるのが、こぎん刺しポケットのついたトートバッグ! こぎん刺し技法をアレンジしたkoginタイポで「SHEEP」という文字をデザイン、紺布に白糸で伝統的な色使いのこぎん刺しです。プロフィールや個展のご案内も掲載いただけました!
本誌には簡単な刺し方と図案も載っています!刺してみたいという方は、ぜひお買い求めください(笑)

モデル・田中シェンさんの撮影風景! 和やかな雰囲気でいろんなポーズにチャレンジしてくれていましたよ(^^)

デザイナーの高島一精さんは伝統工芸や郷土玩具とのコラボレーションに力を入れていて、この春からは、にゃーのこぎん刺しも発売されるとのこと!これは欲しい…!


付録のキルティングトートバッグはかなりしっかりしています。裏地にもプリントが入っていたり、ポケットもついていたりと、この値段で買えるバッグには全く見えませんでした(^^;)今ドキの付録のコスパは驚愕ですね。。。

A4もらくらく入るので便利そうです。メンズも普通に使えるデザインなのも嬉しい!



裏のニット柄…