投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

【こぎん土産】史上初!こぎん刺し模様の手ぬぐいはココで買える!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
先日のこぎん旅の記事を見て春旅を計画してくれている方もいるそうで嬉しい限りです。僕も今週末にちょっとだけ時間が取れたので青森と弘前の展覧会をまわりたいなと計画しています(^^)

本日は、1月に銀座伊東屋で先行発売された東北スタンダードとのコラボレーション「こぎん刺し模様の手ぬぐい」2種のご紹介です!2柄どちらも好評で初回生産分はおかげさまで売り切れ、今月追加販売がはじまりました◎おそらく史上初となる“伝統柄”こぎん刺し模様をデザインした東北づくしの手ぬぐい。そのこだわりポイントと入手方法をご紹介します。

今回の手ぬぐいはkogin.netがデザインし、宮城県の名取屋染工場が制作、東北スタンダードが販売を担当しています。

注染こぎん柄手ぬぐいできました!濃紺がいい感じです◎銀座伊東屋B1にて開催中の東北STANDARD展にて先行販売中(^^)展示は1月27日まで。 pic.twitter.com/otPsQQn0qL — 山端家昌 (@kogin_net) 2016年1月17日
こちらの企画は昨年、カネイリさんが東京スカイツリー・ソラマチに東北スタンダードマーケットというお店をオープンされた際にkoginコラボの打ち合わせさせていただき実現しました!
東北STANDARDとは

「伝統工芸」、「美術」、「食」、「建築」、「音楽」をはじめとした、永い年月をかけて伝承されたものづくりの周辺(東北STANDARD)を記録します。そして対話・映像・書籍・ショップ・展覧会など、様々な媒体を用いて東北から世界に発信し、東北のものづくりの根底に流 れる美意識や精神を未来へとつなげていきます。※サイト紹介文より抜粋
名取屋染工場(宮城)ではすべて手作業で注染という昔ながらの技法で染められています。


注染は、型を使って生地に糊を置き、その上から染料を注ぐ型染め技法。注染についてはこちらに詳しく記載されています。→手とてとテ -仙台・宮城のてしごとたち-

今回は特別に濃い紺色に仕上げてもらっているので、お洗濯の際は色移りなどにご注意ください!

kogin.netがデザインした「こぎん刺し模様手ぬぐい」は2種類あります。
◎こぎん刺し模様手ぬぐい  モドコ図鑑

モドコは津軽弁で「基っこ」と、模様のもとになるという意味。古作こぎん研究で収集した伝統の30…

この春、こぎん刺し好きが青森へ行くべき3つの理由。

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
今春、特に3月は青森のこぎん刺しがアツい!という情報をキャッチしました。春の訪れとともに、こぎんファン(こぎんクラスタ)にとっては聞き捨てならない情報が青森の方からちらほらと…そこで本日は、地元に密着したこぎん刺し情報をアップしてくれているブログ『こぎん刺し三昧』さん、これまでの山端の実体験、こぎん情報を送ってくれる皆さんの声をもとに春のこぎん旅プランを立ててみました。こぎん刺し関連でははずせないお店や展示館が多数ですので、青森へこぎん旅される際の参考にしていただければと思います。


そもそも、なぜ3月なのか…?
それは貴重な古作こぎん刺しや期間限定の展示が重なっているからなんです!

>>この春、こぎん刺し好きが青森へ行くべき3つの理由。

その1. 石田昭子所蔵 古作こぎん展 宙とぶこぎん(3/13〜3/27)鳴海要記念陶房館
古作こぎん刺しが空を舞う!石田昭子さんが所蔵する、なかなかお目にかかれないこぎん刺しが一挙に観られます。保存状態の良い貴重な三縞こぎんもDMに出ていますね。

3月の展示会のお知らせです。石田昭子所蔵小作こぎん展「宙(そら)とぶこぎん」3月13日から3月27日までの開催となっております。
Posted by 鳴海要記念陶房館 on 2016年2月19日

その2.  新収蔵・バーチャル展示コンテスト展(3/3〜4/18)青森県立郷土館
以前取材でお世話になった郷土館の方からご連絡いただき、他の博物館より新収蔵された古作こぎん刺し着物が展示されるそうです!




その3. kogin DESIGN展(〜3/28)星野リゾート 界 津軽
新しい試みにもチャレンジしたkogin.netの新作展を開催中です。旅の思い出になるような、こぎん模様のお土産品などもデザインさせていただきました。



そして、それら全てと県内のこぎん刺しを目一杯楽しむべく「1日目青森市内、2日目岩木山方面、3日目弘前市内」というゴールデンルートのこぎん旅を組みました。
さぁ、春のこぎん旅に出かけましょう!


◇旅の前に予約・準備しておきたいこと
【要予約】佐藤陽子こぎん展示館 メール、FAX、TELにて予約方法はこちら【要予約】こぎん刺し体験 弘前こぎん研究所津軽藩ねぷた村弘前市内のタクシー会社の電話番号を登録しておく(便利なアプリもあり)宿泊…