この春、こぎん刺し好きが青森へ行くべき3つの理由。






こんにちは、kogin.netの山端です。
今春、特に3月は青森のこぎん刺しがアツい!という情報をキャッチしました。春の訪れとともに、こぎんファン(こぎんクラスタ)にとっては聞き捨てならない情報が青森の方からちらほらと…そこで本日は、地元に密着したこぎん刺し情報をアップしてくれているブログ『こぎん刺し三昧』さん、これまでの山端の実体験、こぎん情報を送ってくれる皆さんの声をもとに春のこぎん旅プランを立ててみました。こぎん刺し関連でははずせないお店や展示館が多数ですので、青森へこぎん旅される際の参考にしていただければと思います。


そもそも、なぜ3月なのか…?
それは貴重な古作こぎん刺しや期間限定の展示が重なっているからなんです!

>>この春、こぎん刺し好きが青森へ行くべき3つの理由。

その1. 石田昭子所蔵 古作こぎん展 宙とぶこぎん(3/13〜3/27)鳴海要記念陶房館
古作こぎん刺しが空を舞う!石田昭子さんが所蔵する、なかなかお目にかかれないこぎん刺しが一挙に観られます。保存状態の良い貴重な三縞こぎんもDMに出ていますね。

3月の展示会のお知らせです。石田昭子所蔵小作こぎん展「宙(そら)とぶこぎん」3月13日から3月27日までの開催となっております。
Posted by 鳴海要記念陶房館 on 2016年2月19日


その2.  新収蔵・バーチャル展示コンテスト展(3/3〜4/18)青森県立郷土館
以前取材でお世話になった郷土館の方からご連絡いただき、他の博物館より新収蔵された古作こぎん刺し着物が展示されるそうです!




その3. kogin DESIGN展(〜3/28)星野リゾート 界 津軽
新しい試みにもチャレンジしたkogin.netの新作展を開催中です。旅の思い出になるような、こぎん模様のお土産品などもデザインさせていただきました。



そして、それら全てと県内のこぎん刺しを目一杯楽しむべく「1日目青森市内、2日目岩木山方面、3日目弘前市内」というゴールデンルートのこぎん旅を組みました。
さぁ、春のこぎん旅に出かけましょう!


◇旅の前に予約・準備しておきたいこと
  1. 【要予約】佐藤陽子こぎん展示館 メール、FAX、TELにて予約方法はこちら
  2. 【要予約】こぎん刺し体験 弘前こぎん研究所津軽藩ねぷた村
  3. 弘前市内のタクシー会社の電話番号を登録しておく(便利なアプリもあり)
  4. 宿泊施設の予約 Web、TELなど


《1日目:青森市内》==========================

青森駅到着AM9:00

シャトル・ルートバス(ねぶたん号)
青森駅前東口9:10発ーあおもり北のまほろば歴史館前9:21着

あおもり北のまほろば歴史館(17時閉館)

最近できた施設だそうです。初めて見ましたが、こぎん推しなサイト!
こぎん刺し三昧《北のまほろば展示館》のこぎん刺し  ~青森市~


シャトル・ルートバス(ねぶたん号)
あおもり北のまほろば歴史館前10:57発県立郷土館前11:12着


青森県立郷土館(17時閉館)
企画展「新収蔵・バーチャル展示コンテスト展」(3/3〜4/18)

アスパム
こぎん刺し三昧:《アスパム 青森市観光物産館》のこぎん刺し  ~青森市~
おきな屋 新町店
こぎん刺し三昧:《おきな屋 新町店》のこぎん刺し  ~青森市~

葛西商店(木曜定休)
こぎん刺し三昧:《葛西商店》で買い占めたい こぎん刺し  ~青森市~ 

奥羽本線 青森ー大鰐温泉

大鰐温泉駅から送迎バス


18:00着
星野リゾート 界 津軽

津軽こぎんの間へ宿泊
21時〜三味線ライブ※必聴!

津軽こぎんの間限定 春のこぎん刺しキットプレゼント中
※3F koginラウンジにてkogin DESIGN展 3/29まで開催中


◎1日目ポイント
バスは本数が少ないので、乗り遅れた場合はタクシーで移動。食べ物のお土産は消費期限に注意。星野リゾート界津軽ではゆったりと夕食を楽しんだ後に三味線ライブがあるので、18時前に到着できればゆとりがあって安心。



《2日目:岩木山方面》==========================

大鰐温泉駅まで送迎バス

奥羽本線 大鰐温泉ー弘前

★タクシー移動

佐藤陽子こぎん展示館(要予約)
※こぎん刺し三昧:《佐藤陽子こぎん展示館》 ~弘前市~

★タクシー移動

鳴海要陶房記念館(火曜定休)
石田昭子所蔵 古作こぎん展 宙とぶこぎん(3/13〜3/27)
※岩木かちゃらず会 こぎん体験・小物販売(毎週日曜のみ)


バス※弘前~枯木平線(百沢経由)
岩木庁舎前ー岳温泉前


岳温泉 山のホテル宿泊※15時以降チェックイン可
※こぎん刺し三昧:嶽温泉 《山のホテル》① ~弘前市~
 /  /  /


◎2日目ポイント
佐藤陽子こぎん展示館は、こぎんファンであればじっくり見たい作品が多いため最低2時間はかかると思って、時間にゆとりをもって予約されることをお勧めします。また、こぎん関連書籍も日本一の所蔵数だと思いますので、知れば知るほど時間が足りなくなること必至です!
鳴海要陶房記念館では毎週日曜に岩木かちゃらず会さんの体験があるので、この2泊3日プランを土曜〜月曜で予定を立てられればベスト。バスは本数が少ないので、乗り遅れた場合はタクシーで移動。




《3日目:弘前市内》==========================

バス※弘前~枯木平線(百沢経由)
岳温泉前8:30発ー大学病院前


弘前こぎん研究所

弘前市立観光館
※こぎん刺し三昧:《弘前市立観光館》のこぎん刺し


百石町展示館

手芸店 しまや(日曜定休)

手芸店 つきや(木曜定休)

green(水曜定休)

手芸店 杉見糸店


徒歩で移動

弘前駅ー自宅へ



◎3日目ポイント
百石町展示館では「刺し子・古布・こぎん 和のぬくもり 洋のぬくもり展」という展示が2016年3月18日~21日まで開催されているそうです!手芸店では、それぞれ特色のあるこぎん刺し材料を販売しているので、物欲が刺激されまくります。予算と荷物の空きを多めにしておくといいと思います。こぎん刺し体験をされる場合は、予想以上に時間がかかる場合もあるので必ず行きたい場所の優先順位をつけてスケジュール立てしてください。バスは本数が少ないので、乗り遅れた場合はタクシーで移動。

それぞれ定休日があるお店もあるので、やっていない場合は次のお店へどうぞ!また、宿泊は予約で埋まっている可能性があるので、可能であればということで(汗)間違っている情報があればコメントでお願いします。

ふぅ〜、満腹です。まだ旅に出ていないのに、なんでしょうこの達成感。笑
4月は桜まつりやこぎんフェス、夏次郎商店さんの個展など見どころ満載な行事もあるので、やっぱり今年の春はアツいです!

コメント

こぎん三昧 さんのコメント…
こんにちは、こぎん三昧です。ブログで紹介した記事も載せていただきありがとうございます。
こんな春旅、いいですね~。ほんと、考えただけでワクワクします(*'▽')
私もまわってみます。

昨日、ごぎん手ぬぐい やっと手に入れました。すてきな模様なので、参考にして刺してみたいと思ってます。
出来上がったら、写真をブログに載せますので、ご覧いただけると嬉しいです。


こぎん三昧 さんのコメント…
すみません、読み返したら「こぎん手ぬぐい」が「ごぎん手ぬぐい」になってました。失礼しました。
山端家昌 さんの投稿…
こぎん三昧さん
こんにちは、山端です。コメントいただきありがとうございます!いつもブログ更新を楽しみに拝見させていただいております!
いつも有意義な情報を発信していただきありがとうございます!僕も早速、予約を取って春のこぎん旅に出かける準備を進めております。

こぎん刺し模様手ぬぐい、お買い上げいただきありがとうございます!初回分が売り切れてしまったそうで、もしかしたら大変お待たせしてしまったかもしれません。刺したバージョンも是非ぜひ!楽しみにしております◎