投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

【入場無料】『こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜』を浅草で開催します!

イメージ
【12/1追記】こぎんワールド展、おかげさまで無事に閉幕しました!下記リンクから会場の様子をご覧いただけます!
kogin blog: 【来場御礼】こぎんワールド展、ありがとうございました!




こんにちは、kogin.netの山端です。
夏の暑さのピークが過ぎ、やっと落ち着いてきたと思ったらもう台風の季節。。季節の移ろいを刻一刻と感じますね。例年ならぐうたらと夏を過ごしている僕ですが、今年は個展準備やお仕事の打ち合わせ、スキルアップのための習い事などなど慌ただしく夏を過ごしておりました。でも、そんなに痩せませんでした(笑)。

さて、本日は秋の個展『こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜』のDMやティザーサイトが出来てきましたのでそちらのご紹介です。


本展は昨秋、アミューズミュージアム副館長さんよりお誘いいただいたことが開催のきっかけとなり実現しました。訪日外国人にも大人気の「浅草寺」すぐ近くに位置するアミューズミュージアムでは、民具蒐集家である田中忠三郎氏が集めたコレクションが常設展示されており、これまでもこぎん刺しや菱刺しの企画展が開催されてきました。当ブログでも何度かご紹介しています。
kogin blog: Amuse Museum で古作こぎん刺し。(2009年)
kogin blog: 布は命。(2010年)
kogin blog: 【9/29開催】第19回古作こぎん研究会のお知らせ!(2013年)


展示はもちろん浮世絵シアターも全部見尽くしている、コアなファンの一人です(笑)
そもそも、僕がこぎん刺しに出会ったのは弘前での高校時代に田中忠三郎コレクション展が近くで開催されることを先生に聞いて、試しに行ってみたことに始まります。そんなキッカケを与えてくれた忠三郎さんに所縁のある美術館から展覧会のお誘いをいただけたこと、ビックリすると同時に必然性のような不思議なご縁を感じております。


そして、考えた展覧会のテーマが『こぎんワールド』。DMの○は丸い地球のイメージでこれまでもこれからもそれぞれ特色を持ったこぎんの世界が増殖して、どんどん広がっていけばいいなと思いデザインしました。


展覧会のメインはkogin.netがライフワークとして続けている、古作こぎん刺し着物の模様データ化プロジェクトを通してその魅力を探るコーナー。こちらには特別に石田昭子コレクション…