投稿

2018の投稿を表示しています

【新百合ケ丘産経学園】3年間こぎん刺しの先生をやってみて分かったこと!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
桜の開花ニュースが出たりと着々と春の足音が聞こえてますね。我が家は全員、春うまれなので春は毎月のように誕生日ケーキを食べられる季節でもあります(^^)北国生まれだと冬が長い分、春を楽しみにする気持ちも多めな気がします◎

さて、本日はこの春からこぎん刺しを始めたい方向けに、ワークショップと4月開講講座『こぎん刺しの楽しい小物作り』のご案内です。
先日、3年前のこぎん教室スタートから習ってくれている方が卒業することになり、ベテラン生徒さん達とゆっくり話す機会がありました。その他にも全6回を習い終わった生徒さんとも話したりしていて改めて思ったのは、それぞれ目的があってこぎん教室に通ってくれているんだな〜ということ。
・とにかくいろんな作品を刺したい
・みんなの作品が見られるのが楽しい
・普段の生活ではゆっくり針を持てない
・教室でデザインスキルを身につけたい
・仕事に活かしていきたい、などなど。
その話を聞きながら、自分も3年前とは目的が変わって来ているなということに気づきました。そこで、
3年間こぎん刺しの先生をやって分かったこと! なんだか意味深なタイトルになってしまいましたが、、
本日は3年間こぎん刺し教室の先生をやってみて感じたポイントを整理してみます。このブログの読者さんには今後、こぎん刺しの先生になる(すでになっている?)方々もいるかと思うので、3年続けて気付いたことを自分目線で共有したいと思います!

1.こぎん刺し図案作り
デザイナーなのでPCで図案をおこすのが本業だったのは、かなり役立っているスキルの1つです。授業ではこぎん刺し図案を書くこともカリキュラムに入れ込んでいます。専用の方眼紙を用意して、手書きで刺し順を追ったり、シートで図案を組み合わせたり。図案を書くことで模様への理解も深まります。また、作品を販売したい場合に手芸本の図案をそのまま刺して販売することはNGですが、オリジナル図案を作成できるようになるとオリジナル作品として販売することも出来るようになります。


2.仕立ての難易度
以前はどの家庭にもあった『ミシン』。僕も高校時代は服飾デザイン科で毎日のようにミシンに向かっていましたが今となっては使う機会はめっきり減っています。こぎん刺しの布は手刺しなのでどうしてもぶ厚くなるため、刺した後にどう仕立てる…

【東京/青森】2018春、こぎん刺しや南部菱刺しの『今』を感じられる展覧会情報!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
春が近づいてきました!春の訪れを告げるように、今年もこぎん刺しと南部菱刺しの展覧会情報が続々と寄せられております。会期中にはワークショップやイベントも沢山あるので出展者さんに会えるチャンス☆ 忘れないようにスケジュール帳に○しておきましょう!


《目次》
【東京/浅草】「こぎん刺しに魅せられた作家展」※2/27〜3/11
【東京/吉祥寺】津軽工房社展 ※3/1〜3/21
【東京/浅草】SAKIORI ~from Blue Forest~ ※3/13〜3/18
【東京/調布】琉球紅型染・南部菱刺し 二人展 ※3/14〜3/19
【東京/駒場東大前】棟方志功と柳宗悦 ※後期2/14〜3/25
【埼玉/浦和】「手のしごと オモテウラ」展※3/22〜3/27
【青森/大鰐温泉】lite「雨の夜にも星」展※3/1〜5/29
【青森/本八戸】まちぐみ展3『はっちの椅子に南部菱刺し作品展』※3/3〜3/18


◇◇◇◇◇

《東京都》
【東京/浅草】「こぎん刺しに魅せられた作家展」

【日 時】2018年2月27日(火)〜 3月11日(日)10:00〜18:00
※3月5日(月)休館 (最終日は16:00まで)
【場 所】アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット
〒111-0032 東京都台東区浅草2-34-3
http://www.amusemuseum.com
【入 場】無料

【出展者】
un_kogin
sachikogin
紬-tumugu-
needle and smile
mittsu do madeni
modoco

※会期中の2018年3月4日(日)には、古作こぎん研究会を開催します!
定員まで数席です、追加申し込み受付中!
《追加開催決定!》【3月4日】東京でこぎん刺しを語り尽くす!『古作こぎん研究会 in 浅草』


◆イベント============================
「くるみぼたんで作るこぎん刺しブローチ」 2/27(火)、3/1(木)、3/2(金)、3/7(水)、3/9(金)各回14:00~ 1時間半
3/3(土)、3/4(日)、3/11(日)各回11:00~/14:00~ 1時間半
*各回5~10名様 *2,000円 材料費・税込
[申込]メール: mittsu do madeni 藤本宛

「こぎん刺しの…

こぎん刺しを味わい尽くす2泊3日。『こぎんツアー』開催に向けて準備中!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
今週はお仕事で青森県内をぐるぐると回ってきました。青森は銀世界、東京は春のような暖かさで気温差がありますね。青森でいろんな方にお会いできて、新プロジェクトも始まりそうでワクワクしております(^^)


先日、新年のヤル気を利用して作った「こぎんマップ」がなんと新聞に掲載されました!
昨日までの青森でどこに行っても新聞見たよ!と言われてなんだか、不思議な気分でした(^^;)東奥日報の記者の方に掲載紙を送ってもらったらビックリ!かなり大きく取り上げていただいていて、、恐縮です。おかげで追加情報が届いたり、マップの表示回数も2300を超えていたのでありがたい!

東奥日報2018年2月9日の記事


なんとヤフーニュースにも!


補足情報:2013年に紙の『弘前こぎんマップ』を初めてデザインした際には、こぎんフェス実行委員会の皆さんに足で情報を集めてもらったおかげで完成し、こぎんフェスで製作したマップを大量に配ることができました!そのおかげで情報がまとまったので大感謝です!

待望のこぎん尽くしな『こぎんツアー』準備中!
そして、そんなこぎんマップも大いに活躍するであろう『こぎんツアー』。以前からいろんなところで触れまわっていたら、おかげさまで運営側でご協力いただける方々が続々と集まっていて、いよいよ実現できそうな勢いです!


今月2月24日(土)には先日、僕も講師として呼んでいただいた『あおもりっていいなぁ』の首都圏交流会が高田馬場で開かれます。そこで「こぎんツアー」のプレゼンと意見交換もできたらと急遽ですが山端も参加させていただくことになりました!青森の様々なプロジェクトの発表や青森の美味しい食べ物、地酒も飲み放題だそう〜(^^)17日までなら割引もあるそうなので、お申込みはお早めに!


詳細はこちら!募集要項を下の方にまとめておきます。
あおもりっていいなぁ首都圏交流会第2回つながる青森meeting!




◇◇◇◇◇◇◇


ひとまず、こぎんツアーで僕のやりたいことを記載しておきます!
※勢いで書くのと企画段階のため各所にはまだ連絡とってないので、日程を相談しながら調整ということでここはひとつ。。


こぎん刺しのルーツ西目屋村で「炭スゴ」体験! こぎん刺し発祥の地で炭スゴを担ぐための補強として刺されていたこぎん刺し。どのくらいの重さなのか、どんだけ…